9:00〜13:00/14:30〜20:00/土日診療

インプラント学会に参加してきました。

2018年10月16日

先日大阪にて行われました日本口腔インプラント学会に参加して参りました。
専門医教育講座においてはインプラント周囲炎の原因となる仮着セメントの取り残しに対する考察が行われました。
当院でもセメントによる固定からスクリューで止める場合が増えております。

また長期的にインプラントを使用していく時にはメタルボンドクラウンの破折と言う問題からジルコニアクラウンが主流となりつつあります。

ジルコニアクラウンのチタンベースとの接着方法についても考察がなされましたが、メタルボンドに比べて破折のリスクが少なく、今後増えていく事が予想されるとの事でした。

若い世代にインプラントをした場合のリスクとして、他の歯は成長していくが、インプラントは成長しないため、他の歯と調和が取れなくなる事も、経験則で感じてはいましたが、常識となりつつあるようです。