9:00〜13:00/14:30〜20:00/土日診療

唾液の再石灰化について

2009年12月1日

今日は患者さんからケーキをいただきました!

ありがたく、美味しく、頂戴しました。

皆さんは、ケーキを食べるとむし歯になると思っていませんか?

実は甘いものや、ケーキを食べるとお口のなかが、甘い糖分を分解する細菌の働きで酸性に傾きます。

ところが、時間が経つと唾液によって中和されて、歯の再石灰化が起こります。

だらだら食べると、お口のなかが酸性のままになってしまい、むし歯がいっぱいできてしまうのです。

ケーキも短い時間にいっぱい食べれば。。
でも食べすぎには注意ですよ!