せんげん台東口歯科院長ブログ 院長 伊藤 嘉洋

過去記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 
2010/02/18(木)  歯のメンテナンス
 
歯医者さんに行こうと思うとき、ほとんどの方は痛い、腫れた、取れた!といった何らかのトラブルが起きてからが多いと思います。

ところが、歯周病に関してはトラブルが起きた時に来ていただくと、すでに手遅れになってしまっていることが多いです。

歯がぐらぐらして痛かったり、腫れたりしてしまっているときは、歯の根っこのさきまで歯石で覆われてしまっていて、歯石を取ろうとすると、歯を抜かざるをえなくなってしまっているのです。

これまでは、「何かあったら来て下さい」と言われていたと思いますが、

せんげん台東口歯科では、定期的に歯石を取った方がいい方には、葉書宛名を書いていただいて、こちらから葉書を送らせていただきます。

このように担当する衛生士さんがメッセージを書いて、送る月の棚に保管しているのです。

お葉書が届きましたら、ご連絡お待ちしております。
2010/02/07(日)  キャラクター
 
今日は医院の前で、みなさんよくご存じの猫のキャラクターのイベントがありました!

みなさんご存じのキャラクターですが、商標権の関係で残念ながら写すことができませんでした。。。

小さなお子さんは大喜びで、楽しい1日になったようでした!

火曜日の小児歯科の日だったら、来院の患者のお子さんも喜んだのに・・・
と思いました。
2010/01/13(水)  歯が割れる理由
 
お正月にお餅を食べていた母が、急に歯がぐらぐらするといい始めました。今日来てもらって調べてみたら、なんと歯が割れてしまっていました。

歯は、神経を取ってしまうと、しなりがなくなりもろくなってしまいます。

さらに一昔前までは、金属で補強するのが主流でしたので、金属は堅いためにくさびとなり、歯が割れてしまうのが最近わかってきました。

割れないように歯よりも柔らかいグラスファイバーで補強をすると、歯は割れにくくなるのです。

しなやかだけど、折れない土台、覚えていただくといつか役にたつと思いますよ。

2009/12/30(水)  休診日
 
オープンして診療を始めてから、早いものでもう年末です。

29日は歯科衛生士の宮嶋さんの誕生日なので、みんなでケーキでお祝いするところです。

2010年は、年明けの2日から診療を始めるために、3日間お休みです。

ひとりひとりの患者さんを担当し、歯石を取って健康を維持してくれた歯科衛生士のみなさん、医院の裏方として、清掃、カルテの整理といった仕事をやっていただいた歯科助手のみなさん、専門知識で医院に貢献していただいた先生方、新しい医院に来ていただいた患者さんたちに支えられて2009年を終えることができました。

2010年もどうぞよろしくお願い致します。
2009/12/10(木)  小児歯科
 
小児歯科担当医の加藤 里英先生が来て下さいました。
お母さんがお子さんの歯磨きをしようとしても、嫌がるお子さんは多いです。

そこで、美味しい、いちご味の染めだし液を使って歯ブラシ指導をすると、
みんな喜んで歯磨きをするようになります。

むし歯予防はフッ素塗布も大切ですが、毎日の歯ブラシが一番大切です。

みんなが喜んで歯ブラシするようになるのをみて、歯科衛生士の中尾さんも、自分で染めだしをしてみようとしています。
2009/12/01(火)  唾液の再石灰化について
 
今日は患者さんからケーキをいただきました!

ありがたく、美味しく、頂戴しました。

皆さんは、ケーキを食べるとむし歯になると思っていませんか?

実は甘いものや、ケーキを食べるとお口のなかが、甘い糖分を分解する細菌の働きで酸性に傾きます。

ところが、時間が経つと唾液によって中和されて、歯の再石灰化が起こります。

だらだら食べると、お口のなかが酸性のままになってしまい、むし歯がいっぱいできてしまうのです。

ケーキも短い時間にいっぱい食べれば。。
でも食べすぎには注意ですよ!
2009/11/21(土)  矯正治療
 
こんにちわ。

今日は、東京医科歯科大学から、矯正専門の来栖先生がいらして下さいました。

とてもかっこよくて、エリートな先生ですが、きさくで話しやすく、大変物知りな先生です。

大学病院でインプラント治療を希望する方、つまり歯がなくなってしまった方を治療するときに、歯並びが悪かったりする方が多いなと感じていました。

今日、来栖先生から、歯並びが悪かったりすると、負担が大きくなって、歯を失ってしまうことが多くなると聞きました。

矯正治療は見た目を良くするだけでなく、歯も長持ちさせることができる治療法とわかり、感心しました。
2009/11/12(木)  はじめまして
 
皆さん、はじめまして。
このたび、セブンタウンせんげん台2Fにて開業することとなりました。
伊藤 嘉洋と申します。

【1歳半検診は、自分は下のあごが出てしまっていました】
そんな時、知り合いの歯医者さんが、専門の小児歯科の先生を紹介して下さり、矯正治療のおかげで普通の歯並びになりました。

そんな経験から歯科医師を志すことになりました。

歯科医師になってからは、型を取られるのが苦手で、マウスピースを入れると自分が気持ち悪くなってしまうことに気づきました。

そんな経験から、入れ歯に代わる新しい固定の歯をいれる方法であるインプラントを大学病院にて研究して参りました。

こんな経験や経歴から、患者さん一人一人の苦手にこたえ、困っている点を改善することを心がけて診療を行っております。

子供のときに、もし専門の先生に診てもらわなかったらと思うので、開業するときには専門の先生をお願いする形にしたいと思っていました。そして自分が専門の先生に診てもらった幸運をせんげん台の方々にも伝えられるように、小児歯科専門の先生は火曜日に、矯正専門の先生は第3週土曜日に来てもらうことにしました。

むし歯、痛みなどのお困りのことには、毎日対応させていただきますので、よろしくお願いします。