せんげん台東口歯科院長ブログ 院長 伊藤 嘉洋

過去記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 
2014/11/23(日)  SLactive
 
現在、当医院ではインプラント治療のより確実で、より治療期間の短い治療を行うためにSLactiveを使用しております。これまで使用されてきた埋入後、8週間を要していたSLA表面をより進化させ、より骨誘導能を高めた表面です。
より短い期間のインプラント治療により、残った歯に負担をかけないインプラント治療を選んでいただけるように。これからも頑張って行こうと思います。
2014/09/15(月)  小さなお子様の歯並び治療~咬合誘導~
 
お子様の歯の生えかわりやあごの成長に合わせて、歯並びや咬み合わせを悪くする原因を早期に発見・取り除き、より良い歯並びや咬み合わせを育成する治療を咬合誘導といいます。

当院でも乳歯列安定期のお子様(主に3才半~4才半)を対象に、咬合誘導を行っています。

*歯並びが気になる 
*反対の咬み合わせである
*上の前歯が出ている
*前歯が咬み合わない
*あごが左右にずれている
*指しゃぶりやおしゃぶりがなかなかやめられない

など、歯並びに関して気になることがありましたら、小児歯科へご相談にいらして下さい◎

咬合誘導は、上あごや下あごの『成長』をコントロールし上下のあごのアンバランスを改善できるという、大人とは違った『成長』を利用した治療が行えるメリットがあります。 
そのため、症例にもよりますが、治療期間(保定期間含む)は概ね半年~2年間と大人の矯正治療と比べて比較的短期間です。

それぞれのお子様にあった治療法をご提案させていただきますので、どうぞお気軽にご相談下さい。
2014/08/24(日)  ご留学のため
 
これまで土曜日に非常勤で勤務していただいていた、千葉先生がアメリカ合衆国ジョージア州オーガスタに1年間ご留学なさせることになりました。このため、これまで日曜日に勤務していた橋本先生が土曜日に出勤していただくことになりました。根管治療のスペシャリストであり優しい先生ですので頼もしく思います。
写真は送別会でピザを取ったのですが、食べきれずにみんなで持って帰ろうとしているところです。
2014/06/29(日)  小児歯科 
 
小児歯科の日曜日の菊地先生の予約が取れなくなってきています。
そのため、水曜日の10時~20時で東京医科歯科大学小児歯科より
飯田 美希先生が来てくれるようになりました。
やさしく虫歯治療もフッ素塗布もしてくれると評判ですので、ぜひご連絡お待ちしております。
2014/04/08(火)  メンテナンス重視のため
 
歯石をとりたいけど、なかなか予約が取れないとの声により、新たに歯科衛生士の名雪 ちさとさんに来てもらうことになりました。
勤務日は月曜日、木曜日、金曜日、日曜日となります。
宜しくお願いします。
2014/03/18(火)  インプラントセミナー(メンテナンスの重要性)
 
3月16日(日)、インプラント合併症のセミナーに参加しました。

昨今、インプラント治療に伴う様々な合併症が報告されています。

当医院ではなるべくトラブルが発生しないように、大学病院で行われる術前診査を行い診療にあたっています。

開院してはや4年、インプラント治療を行った患者数も増大いたしました。

治療の際に、メンテナンスの重要性を繰り返しお話させていただいていますが、お忙しいせいかメンテナンスに応じていただけない患者さんもいらっしゃいます。

今回のセミナーでは、メンテナンスの重要性を鶴見大学准教授である佐藤淳一先生も論文を交えて述べられておりました。

少しのお暇ができましたら、ぜひメンテナンスにお越しいただたらと思います。
2014/03/08(土)  母校での講演会
 
東京医科歯科大学インプラント外来にてお世話になりました、現神奈川歯科大学リエゾン診療科講師、宗像源博先生によるインプラント周囲炎の講習会に参加しました。多数の症例からの、インプラントのトラブルに対する治療法を詳しく教えていただきました。
インプラント治療が幅広く行われるようになった現在、世界ではその対処法に焦点が合わされています。メンテナンスのしやすい上部構造とメンテナンス時の注意事項、実際の治療について学ぶことができました。
なかでも骨量が少ない場合に行ったインプラント治療にトラブルが起こるようです。それを防ぐために、当医院では東京医科歯科大学インプラント外来でも委託しているCT専門のメディカルスキャニングによるCT精査のうえで、インプラント治療を行っています。
みなさまには外部委託でお手数をおかけいたしますが、より安全で確実な治療の実践を心がけていきたく思います。
2014/02/17(月)  拡大鏡の世界
 
目が悪くなったわけではありません。
より精密な、より正確な診療を行うために拡大鏡を使用しております。
今年の目標は歯の根っこの中まで見える、顕微鏡の導入です。
今後ともより皆様により良い医療を提供していくために精進してまいろうと思います。
2013/12/15(日)  米国歯内療法専門医の講演
 母校にて行われた、米国歯内療法専門医、田中 利典先生の講演に参加してきました。歯を残すことの難しさと、歯内療法(根っこの治療)の手技、感染を取り除くために歯を抜かざるを得ない場合の判断基準についての講演でした。
今日からの治療に活きる講演内容でした。学んだことを活かして診療に取り組んでいきたいと思います。
2013/11/04(月)  母校での講演会
 
こんにちは。歯科医師の丸山です。

先日は母校にて行われた講演会にいってきました。
久しぶりの母校はスターバックスが出来たりと、在学中とは変わっていて少しさみしくなりました。

講演会の内容は、被せものを被せる歯の形の整え方や型どりについてです。
とても勉強になることが多く、同級生もいたので刺激になりました。
日々の診療に活かしていきたいです。
みななんにより良い治療が出来るよう、日々勉強していますので、お口のなかで気になることがありましたら、遠慮なくおっしゃってください。